MOSとは

「MOS」資格は、マイクロソフトオフィススペシャリストの略であることからも分かるように、マイクロソフト社が提供する「Word」や「Excel」「Access」「PowerPoint」「Outlook」のoffice製品についての知識を問われる資格です。

どのような仕事に就いたとしても、パソコン操作が必要とされる現代なため、年々需要が増えている資格だと言えるでしょう。
パソコン教室などでも、「MOS」検定に特化したコースが多く用意されていますので、 「パソコンが苦手……」 という女性は、受講してみるのも良いでしょう。

試験内容はどんな内容なの?

「MOS」資格の試験は、すべてパソコン操作で行われます。
筆記試験はなく、会場に用意されたパソコンでの受験となりますので、普段とは違うキーボードやマウスに戸惑わないようにしましょう。

試験は、普段使っているオフィス製品のバージョンで受験できます。
古いソフトしか持っていないけれど、新しいバージョンで受験しなくてはいけない、ということにはなりませんので安心ですね。

試験は1000点満点で、550点~850点程度が合格ラインだと言われています。
合否は試験終了後、その場で確認できますよ。
どの部分や弱いのか、落ちてしまった場合はどこがダメだったのかは「試験結果レポート」で確認できます。
このレポートは、“認定証と一緒に保管する”必要があるため、合格者は無くさないよう大切に取り扱いましょう。

認知度と難易度について

「MOS」試験の認知度は年々高まり、どの採用担当者も履歴書に「MOS」資格の文字があれば、安心して採用できると、話しています。
また、ほとんどの職場のパソコンに、オフィス製品が使われているため、何年先でも使える資格だと言えるでしょう。

難易度は2種類に分かれ、初心者向けの「スペシャリストレベル」と上級者向けの「エキスパートレベル」があります。
一般的な事務職であれば「スペシャリストレベル」で十分ですが、「エキスパートレベル」を持っていると、任される仕事の範囲がぐっと広がるため、できれば取得しておきたいですね。

どんな場で活躍できるの?



「MOS」資格が役に立つのは、特にオフィスワークです。
一般事務、営業事務、経理など、どんな場面でも知識が求められるでしょう。
転職の場合、ワードやエクセルの操作を一から教えていては、他の仕事が滞ってしまいます。
“オフィス製品の操作はできて当たり前”という職場も多いですから、パソコンを使用する職場へ勤めるなら、積極的にアピールしましょう。
販売や接客などの仕事であっても、ほとんどの会社でパソコンを使うため、「MOS」資格があるなら、履歴書へ書いておくようにしましょう。